女子大生 すそわきが

女子大生といえば、多感な時期で、高校生とは違い行動範囲や、男女の付き合いに関してもより深い付き合いをしていたりするのではないでしょうか?

 

女子大生といえば、多感な時期で、高校生とは違い行動範囲や、男女の付き合いに関してもより深い付き合いをしていたりするのではないでしょうか?

 

彼氏とのセックスや、愛撫など、性的な事も、オープンな人も居るでしょうし、初な感じな人もいらっしゃるでしょう。

 

そんなときに、自分の体臭が気になっている人もいらっしゃるでしょう。

 

とくに女性の身体の中でニオイが強い部分はわき・胸(乳輪周り)・陰部とされています。

 

簡単に言えば、その中で、陰部、股間部分、デリケートゾーンから発せられる臭いを一般的に『すそわきが』といいます。

 

女子大生からみれば、すそわきがというのは、とても強い悩みとしてみられやすい事です。

 

それが気になって、男性との付き合いもためらってしまうという方も珍しくはありません。

 

男性との付き合いをためらうというのは、異性、または同姓との性交渉、同棲、または、その先の結婚、などさまざまな幸せと感じる事をすべて閉じかねないとも言えます。

 

それは、悲しい話ですよね。

 

誰かとのつながりというのが必ずしも女性の幸せにつながるわけではないですが、それでもつながりがほしいと思う方も多くいらっしゃいます。

 

そんな『すそわきが』をどうやって無くしていくのか?

 

どういった事が問題でそれぞれが解決できるものなのか?

 

そういった事を1つ1つまたは事例も含めて紹介していきます。

「すそわきが」の臭いは侮れない

すそわきがの臭いは周囲にばれている?なぜ自分で気付けないの?匂いの特徴
本人はなかなか気づかないのが「すそわきが」の臭いです。
その理由は、日頃から自分の体臭にさらされているので、臭いの感覚が麻痺しているのです。
麻痺といっても感覚が全く無いのではなく、当たり前のものとして認識しにくくなっているのです。

 

ですが、ほかの人にははっきりと違和感のある臭いが感じられます、それは、普段は感じることが少ない人ほど、敏感に「すそわきが」特有の臭いを感じ取るのです。
?つまり、自分では気づかないところで、「すそわきが」の臭いを周囲に知られてしまっている可能性があるのです。

 

日常生活で自分が気づくということは、周囲にもばれているという認識を持った方が良いのです。
それほどまでに、独特の臭いは侮れません。

 

 

 

 

改めてすそわきがについて詳しく解説します。

じつは、すそわきがとは、デリケートゾーンの周りの陰毛から出たアポクリン腺の汗が皮膚に居る常在菌が汗の中の成分を栄養素として食べた後に分解するときに、悪臭を放つものです。

 

汗そのものが臭いを発するわけではないんです。

 

特にアポクリン線から排出される汗は、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが多く含まれているので、常在菌によって分解されるとすそわきが特有の臭いが発生します。

 

 

 

 

 

 

先程、汗の成分を食べる常在菌の存在の事を申し上げましたが、アポクリン線から排出される汗の量がおおければそれだけ常在菌が多くなりやすくなり、その分臭いも多く発生するという事になります。

 

であれば、デリケートゾーンというのは、陰毛がたくさん生えていますので、当然アポクリン線も多いので汗を多く排出される場所でもあるといえます。

 

また、デリケートゾーンというのは、下着の上からボトムを履くという事で常に蒸れやすい、乾燥しにくい場所という事でもあります。

 

だから、すそわきがという言葉が生まれるくらい、あそこのワキガになりやすいという事になるわけです。

 

 

常在菌すべてが臭いの元になるの?

実は、常在菌は誰でも体にいつも住み着いている菌で、必ずしも悪玉菌・・・というわけではないのです。

 

通常、体いつもを清潔にしていると、常在菌は一定以上いきなり増えたりはしません。

 

逆に外部からの悪い菌をやっつけたりという、肌を守る働きもあったりします。

 

ワキガ独特のアポクリン腺からの汗を好む常在菌は、ワキガ汗を分解しながら、それを栄養として増殖を始めます。

 

なので、ワキの汗を好む常在菌だけが、すそわきがを引き起こす菌という事になります。

 

コリネバクテリウムや表皮ブドウ菌が、特にアポクリン腺から出た汗を好む常在菌です。

 

これらの菌は、理解しやすい言い方として、ワキガ菌という言葉で覚えていただいてもいいと思います。

 

 

すそわきがへの対処はどうすればよいのか?

すそわきがにもワキガ菌が当然原因としています。

 

そしてそのワキガ菌は、乾燥をとにかく嫌がります。

 

なので、臭いとして症状が出る前に、デリケートゾーンをつねに綺麗で清潔にしておく

 

そして、蒸れた状態を長くつくらない事がポイントです。

 

 

すそわきがにならない生活習慣を身につける

すそわきがにならない生活習慣とは、簡単にいえば、短期的、中長期でみて、ワキガ菌と呼称しているすそわきがになる汗を好む常在菌の繁殖をいかに抑えて、いかにして繁殖させないようにするかという事になります。

 

生活のなかで、常在菌を増やしてしまう事というのはいろいろあります。

 

それらの対処を1つ1つ紹介していきます。

 

 

シャワーで身体を洗う時はとにかく綺麗に洗い流すこと

 

これは、本当は湯船につかり、汗そのものや毛穴周辺をよく洗ってしっかり身体から流すのがいいのですが、現代社会のなかでは、シャワーしか浴びない人もいるとおもいます。

 

なので、とにかく隅々まで綺麗に洗った後の洗い流しがないように入念にシャワーで流すようにしましょう。

 

 

食生活に気を付ける(脂っこい物や添加物ばかりの生活はNG、野菜中心で!)

 

動物性のタンパク質を多く食べる方は、常在菌が多く発生しやすく、ワキガ菌も同様に増やす事につながります。
という事は、すそわきがも臭いを発する状態になりやすくなるという事です。

 

主に野菜を中心に食生活を変更する。

 

もしくは、野菜を含んだ食事にするという事を意識されてください。

 

 

水分をたくさんとるようにしましょう。

 

これは、たくさん水分を摂ることで、それだけ身体のなかを水分で循環させるイメージです。

 

たくさん水分を摂ることで、汗の中の成分を薄くする事で「すそわきが」の臭いも薄くしやすくなります。

 

 

汗を軽くかく適度な運動をする

 

これは、運動をすることで発汗を促進させてアポクリンセンの中の老廃物などを排出しやすくするためです。

 

いくら綺麗に洗っていても、目に見えない小さな毛穴やアポクリン線に皮脂や老廃物が詰まっていると、綺麗に洗っているつもりでも、常在菌のワキガ菌がそこに居続ける事につながってしまいます。

 

 

汗を掻いたら綺麗に拭き取る事を忘れずに

アポクリン汗腺から出る汗が皮脂腺より排出される脂肪酸と混合し、そこを皮膚常在菌が分解することにより臭いが生じます。

 

なので、臭いを減少させるには、汗を何度も拭いてあげることが重要です。

 

何よりも暖かいシーズンや運動をしたあとなど、汗の出ることが多い時は、タオルやウェットティッシュなどを常備して、わずかでも多く臭いのもとをなくしてあげましょう。

 

臭いが心配なときは、「デオドラント製品を同時に使う」と安心できます。

 

デオドラント製品は、衣服や下着をしてから使用OKなパウダースプレーや身体全体に使用可能なローションなど、たくさんのタイプのものが売られています。

 

どのタイプにしろ、汗を抑止して気にかかる臭いをカットするのに一役買います。

 

陰部は影響されやすい部位ですので、デリケートゾーン用など、肌に親切なタイプを買うようにした方が良いです。

 

ちなみに、顔と同じく、陰部も各個人で肌の質が違って来るので、敏感肌・乾燥肌の人は先にパッチテストをして、自分の肌に合う製品か否かを確認することが重要です。

 

尿や生理の経血、おりものは、すそわきがの臭いをもっと強くしています。

 

尿や経血などを栄養分としてばい菌が増殖し、一層強い臭いを放出するわけです。

 

お手洗いにいった時は、ビデできれいにキレイにし、臭いのもとを除去してくださいね。

 

お出掛けのときなど、ビデの使えない場合は、デリケートゾーン専用のウェットティッシュで拭いてあげると良いと思います。

 

また、雑菌は湿気がたくさんあり、気温の高いときに増殖し易いため、そのような環境では臭いも強力になります。

 

できる限り通気性のよい下着をつけ、ぴっちりしたジーンズなど、体を締めつけるといったようなファッションも出来るだけ控えることを意識しましょう。

 

生理用ナプキンやおりものシートも、長い時間放置しておくと汗をかいて臭いがこもりやすくなると考えられます。

 

マメに替えるようにして下さい。汗をかいた下着類も、同じです。

 

 

 

 

早寝早起きを心がけて、交感神経と副交感神経の切り替えを正常にする

 

これは、自立神経といって、睡眠時に身体を制御する副交感神経、起きている時に身体を制御する交感神経というのがあり、その切替がうまくいかないと、正しく汗をかけなくなり、そのせいで毛穴やアポクリン線が汚れてしまって、なかなか洗っても「すそわきが」の症状を消せないという事になる場合があるためです。

 

 

エアコンに頼り過ぎない

 

これも、早寝早起きと同じで、正しく汗がかけなくなってしまう事で「すそわきが」の症状が強くなる場合があります。

 

 

ストレスを溜めないようにする


http://xn--t8jgqz1cd1p2de4xqb0unb8dv933p.xyz
ストレスに関しては、自立神経に著しい狂いを生じてしまう事になるためです。

 

不安や、悩みなどが強く出てしまうと、妙なタイミングで汗がでたり、軽い運動をしても汗が出にくくなるなど様々な問題にもつながるためです。

 

 

 

一応、生活習慣という枠組みの中での注意点を申し上げましたが、これらを必ずしも守らないといけないというわけではありません。

 

守らないといけないという風に自身を追い込んでストレスになるなどでは本末転倒です。

 

あくまでこういう注意点もありますよ、という感じで、簡単に意識できる所は注意していただければいいと思います。

 

 

 

 

そんなことを言ったら、「すそわきが」の臭いって無くせないのでは?

http://autobike-kaitorisatei.work

 

たしかに、守らないといけないことを守らないで良い結果は得られないというのは正しいです。

 

ですが、無理強いをする事で余計な負担になるのであれば、出来る範囲内でいいと思います。

 

その変わりに、すそわきがにならないように、デオドラントクリームを塗ったりする事で十分対処できます。

 

 

 

いくつかありますが、有名なのはこのノアンデというリキッドです

 

 

 

 

このページで書いていたように、ワキガの臭いの原因をちゃんとクリアしています。

 

 

 

 

 

ノアンデを日常生活で使用した時と使用してない時でのニオイセンサーの数値比較がこちら

 

 

さらに、ノアンデをスポーツ時に使用した使用してない時でのニオイセンサーの数値比較がこちら

 

 

 

 

 

ノアンデはデリケートゾーン(陰部)のどこに塗る?【効果的な塗り方】

 

ノアンデを使用するとしても、塗り方が非効率だと、その効果も中々上がらないという事にもなります。

 

殺菌効果が高いノアンデの効果も半減してしまいます。

 

 

 

なので、すそわきがやデリケートゾーンからの臭いをしっかりと長時間消臭するためには、正しい塗り方やちょっとした工夫のしかたを説明します。

 

 

 

という事で、臭いケアとして効果の高いノアンデの塗り方をご紹介します。

 

 

  1. デリケートゾーンを洗う
  2. Vゾーン、Iゾーンを集中的に塗る
  3. しっかりと乾燥させる
  4. パンツにも軽く塗っちゃう

 

この4ステップ本当に最強な塗り方です!

ノアンデはいろんな人が実感できているすそわきがに効果的な臭いを消してくれる、消臭クリームですが、さらに長時間臭いを消しておける方法があります。

 

まずデリケーゾーンを綺麗に洗ってから、陰毛が一番多く生えているVゾーンを中心にノアンデをしっかりと塗りこんでいきます。

 

陰毛にも、陰毛奥の皮膚にもしっかりと塗ることがポイントです。

 

こうすることで、臭いが出てくる毛穴部分にしっかりと蓋をすることができて臭いをしっかり抑えることが出来ます。

 

そして、陰毛にも塗っておくことで万が一、汗を書いてしまって、雑菌が大量に繁殖してしまうリスクを軽減します。

 

臭いの原因菌が発生しなければ、すそががの臭いも発生しないからです。

 

さらに、ノアンデを塗り終わった時には、手の表面や、指先などにも、少量のクリームが残っているはずです。

 

それをパンティのIライン部分に塗るようにしてみてください。

 

かなり臭いが消えます。

 

ただでさえ効果の高いノアンデをここまで使えば、本当に臭いが消えちゃいます。

 

 

 

 

 

手に残ったクリームをパンツのIライン部分で拭いてしまう感じで塗っておくとさらに約8?10時間は臭いを抑えることができます。

 

どうしても臭いが気になる方は、そもそも、パンティのIラインにも薄く塗る事をそもそも行っていてもいいと思います。

 

季節や、気温、湿度などでも臭いの出方は変わると思いますが、このように塗り方や塗る場所などを工夫すると、より効果的にすそわきがの臭いを抑えることができます。