女子大生 すそわきが 洗い方

女子大生のすそわきがを防ぐための洗い方はどうすればいい?

 

 

 

すそわきがの臭いはシャワーや石鹸で適用に洗うだけではしっかりと洗い流したとしても、雑菌が増えやすい部位でもあるので、洗ってもすぐ臭いがしやすいという事もあります。

 

もともと、陰部はしっかりと正しく洗わなければ雑菌繁殖してしまい「すっぱい臭い」や「イカの臭い」のように嫌がられやすい臭いを発生させてしまいがちな部分でもあります。

 

という事で、すそわきがの臭いをしっかり洗い流す方法の手順をご紹介します。

 

 

デリケートゾーン用の石鹸を使う

 

 

ボディソープは、一般的な普通のものを使用していませんか?

 

すそわきがはとても強烈なニオイなので、一般的なボディソープや石鹸では落とすことができません。

 

すそわきがのニオイを落とすには、デリケートゾーン専用の石鹸を使うといいんですよ。

 

雑菌の繁殖しやすいデリケートゾーンのニオイもしっかりと落としてくれる専用の石鹸なら、すそわきがのニオイも軽減できるんです。

 

 

 

ボディソープを使い分けるのは少し面倒かもしれませんが、この一手間がすそわきがのニオイを軽減させます。

 

また、より殺菌効果のある石鹸を使用するという事もいいとおもいます。

 

 

 

 

 

石鹸をしっかりと泡立てて優しく洗う

 

石鹸を使用する時は、肌に付ける前にしっかりと泡立ててから使います。

 

泡立てていないと、肌をこすって刺激を与えてしまう回数が劇的に増えてしまいますよね。

 

刺激を受けた肌は、肌を守るために皮脂を多く分泌する様になってしまうんですよ。

 

こうなると、せっかく洗ってもニオイが強くなる原因を作ってしまうことになります。

 

しっかりと石鹸を泡立てて、なるべく優しく洗っていくことが重要ですね。

 

肌をこすらないように、撫でる様に洗うと良いですよ。

 

ボディタオルなどを使っている場合も、硬い材質のものよりも柔らかく刺激の少ないものを選んでいくと良いですね。

 

 

まんべんなく優しく洗う

 

 

陰部は汚れが落としにくい場所なので、なるべくまんべんなく優しく洗う様にすると効果的です。

 

陰部はとてもデリケートな場所なので、雑菌が繁殖しない様に強い殺菌作用が働いている場所でもあります。

 

これを強く洗ってしまうと、殺菌効果が薄れて雑菌が繁殖しやすくなってしまうんですよ。

 

あくまでも優しく、前から後ろへゆっくりとこすらない様にして洗うようにしましょう。

 

 

洗ったらぬるま湯でしっかりと泡を落とす

シャワーなどで陰部を洗いながすのも効果出来です。

 

 

 

 

洗い終えたら、熱すぎないぬるま湯を使ってしっかりと泡を落としていきましょう。

 

熱すぎるお湯を使うと、肌に刺激となってしまうのでオススメできません。

 

人肌くらいのぬるま湯を使用していくと、肌にも優しく刺激も少ないので良いんですよ。

 

また、しっかりと泡を落とすことも大切です。

 

泡が残ってしまっていると、せっかく落とした皮脂や雑菌などがまた陰毛部へ戻ってしまうことになります。

 

 

 

これを防ぐためにも、しっかりと泡は落とす必要があります。

 

ただしあくまでも優しく、シャワーの水圧などにも注意して落としていってくださいね。

 

すそわきがは洗った後のケアも大切!

 

すそわきがは、正しく洗ったからといってニオイが消えるものではありません。

 

 

洗った後のケアも、非常に大切です。

すそわきがのニオイを軽減させるためには、まず何よりも清潔を保っておくことにあります。

 

そのためトイレに入る度に、ビデやウェットティッシュなどを使用してこまめに清潔を保っていく様にしましょう。

 

この時も、あくまでも優しく丁寧にケアすること。肌への刺激を最小限に抑えることができます。

 

こうして清潔にしておけば、常に分泌される皮脂や雑菌を繁殖させないようにできるんですよね。

 

そして清潔にしたら、すそわきがにも効果のあるわきがクリームを塗っていきましょう。

 

綺麗に洗ってすぐは、汚れや汗もなく、雑菌も居ない状態ですので、その状態でノアンデクリームを塗っておけば、最初の雑菌の繁殖を抑えられるのでかなりの時間臭いを抑制しておけます。

 

 

 

すそわきがである事実というのは、手術でアポクリン線を除去しない限り根本的には、治りません。

 

ですが、適切に除菌したり清潔にしておけば、気になる臭いを発生させないようにする事はできます。

 

綺麗に洗ったりしながら、下記のようなクリームを使用するなどして上手に対処していきましょう。