小学生 女の子 黄ばみ 臭い いじめ

女子大生のすそわきがは食生活で臭いは消えますか?

 

 

 

よく言われているのが、欧米では、すそわきが(陰部のわきが)になっている人の数は少なくありません。

 

欧米ではわきがの人の割合は約70%もいます。

 

それは、食生活からきています。

 

欧米では、肉を主食とする文化があるのですそわきがの臭いも強くなりがちです。

 

結論から云えば、時間はかかりますが、すそわきがは、食生活を変えると、改善傾向に向かいます。

 

 

 

では、どういった食生活をすればいいのかを一つ一つ説明していきます。

食生活によってわきが体質の人の臭いが左右される

わきが体質かどうかは遺伝によって受け継がれる「アポクリン汗腺」という汗腺の数によっておおよそ決まるということを説明しておきます。

 

なので、もともとわきが体質でない人が、強いワキガ臭になるという事はそこまで多くありませんが、それでも、肉食やワキガになる食生活を送ると、臭いそのものは最初よりは強くなりやすくなるので、注意が必要です。

 

つまり、食生活が原因で突然すそわきがを発症する事はすくないのですが、アポクリン線からでる汗の成分は食生活である程度かわるので、臭いを発する症状そのものは、現状より強くなるという事はあり得ます。

 

 

すそわきがの臭いを強くする食べ物とは

すそわきがの臭いを強くする食べ物はおおよそ以下の5つに該当する事がわかっています。

  • 動物性タンパク質
  • 動物性脂肪
  • リノール酸が含まれる植物性油
  • アルコール
  • 臭いの強い食べ物

 

 

これらの食材の摂取には充分注意しましょう。

 

ですが、絶対食べないという極端な考えをする必要はありません。

 

動物性の肉食には、良質なタンパク質として、体のために様々な役割を果たしてくれます。

 

食べすぎないという事を気がけていただければそれで構いません。

 

 

 

 

動物性タンパク質

 

肉(特に牛肉)・魚・卵・牛乳などの、肉中心の食事を続けていると、すそわきがの原因となるアポクリン汗腺が刺激され大きくなりやすいです。

 

アポクリン汗腺を刺激し活発にさせると、汗腺が大きくなり汗の量も増えます。

 

そしてアポクリン線からでた汗を好む常在菌(ワキガ菌)が汗を分解するときの排出物も多くなることになります。

 

そして、さらに常在菌(ワキガ菌)も増殖する事になるので、前に増して臭いが強くなる事につながります。

 

 

 

 

動物性脂肪

 

レバー・うなぎ・ラード・バター・生クリーム・チーズ

 

ラードやバターなどの動物性脂肪を多く摂取しすると、牛肉などを食べるのと同じで、皮脂腺やアポクリン汗腺を刺激してしまいます。

 

当然それが続けば、すそわきが臭は強くなります。

 

中華料理や洋菓子には特に動物性脂肪が多く含まれているので、食べ過ぎに注意が必要です。

 

 

こちらも、ただ完全に控えれば良いというわけではなく、動物性の脂肪も控えすぎると、臭いの放出を抑えてくれる皮脂膜の働きを弱める事にもつながります。

 

なので、動物性脂肪類もバランスよく適度に摂取することが重要です。

 

 

 

 

リノール酸が含まれる植物性油

 

紅茶油・ひまわり油・なたね油・マヨネーズ ・マーガリン・スナック菓子

 

リノール酸は中性脂肪やコレステロールを増やす作用があります。このリノール酸が体内で体質を酸性化させてしまいます。

 

体質が酸性化に傾くとすそわきがもより強くなります。

 

 

 

 

アルコール

 

ビール・酎ハイ・日本酒・ウイスキー・ブランデー・焼酎・ワイン

 

アルコールを摂取すると、発汗作用が強く働きます。

 

そしてこの急な発汗作用によって排出される各種汗腺からの汗には、通常にくらべて脂質や・糖質などが多く含まれます。

 

あとは、すそわきがになる働きにつながります。

 

なので、普段から飲酒が多い人は、特にすそわきがとしての症状は強くなりやすいという事になります。

 

アルコールに関しては、必ずしも嗜好品として摂らないといけないという事はありませんので、やめられるのであればやめる事をオススメ致します。

 

 

 

 

臭いの強い食べ物

 

キムチ・激辛料理・エスニック料理・にんにく・にら・たまねぎ

 

大蒜を食べると 消化・分解の時に ガスが発生して 血液中に臭い成分が隅々までいきわたり 毛穴や汗腺から強烈な臭いを放つ事となります。

 

これらは、絶対食べないといけないという事ではないので、出来る限り食べるのを控えることをオススメします。

 

 

 

 

すそわきが対策のポイント

すそわきがを治す(対処する)には、特にアポクリン汗腺を刺激する食材(動物性たんぱく質・動物性脂肪)を摂りすぎに注意した食事をしましょう。

 

 

  • @すそわきがの臭いを抑えるのに効果的とされる食べ物を積極的に摂る
  • A魚介類を中心にした食事を気がける

 

 

動物性タンパク質は、人間の身体で、血液や、身体を作るのに重要な栄養素です。

 

なので、丈夫な身体を作るためには、どうしても動物性タンパク質を抜きにはできません。

 

なので、出来る限り脂質の高い牛肉、鶏肉、豚肉などの肉類は取りすぎないようにしましょう。

 

どうしても、取れない分は、魚介類をタンパク質として摂るようにすれば十分に補えます。

 

そうすると、身体を作りながらも、出来る限りすそわきがの症状を抑える事ができます。

 

 

動物性脂肪よりも植物性脂肪をとる

 

 

 

動物性脂肪は臭いの原因となるうえに、コレステロールや中性脂肪といった肥満の原因にもなるので、できれば摂取を控えたほうが良いものとなります。

 

その為、どうしても油を使うような料理が好きな方は、オリーブオイルなどの油を使うようにしましょう。

 

 

 

 

梅干し・メカブなどのアルカリ性食品

 

肉類などの酸性の食品を中和する作用がある「アルカリ性の食品」は、臭い対策に効果を発揮します。

 

とくに、アルカリ性食品の中でも「梅干し」は最も効果がある食材です。

 

梅干しは抗菌力が強くて、血液を弱アルカリ性に保つ働きがあります。

 

むかしのお弁当のご飯の真ん中に梅干しが添えてあるのは、おかずという意味だけでなく、殺菌する力もあったからです。

 

ただ、流石に1日に何個も食べると、塩分としてはとりすぎになってしまうので、その変わりにメカブをオススメします。

 

メカブは、アルカリ性食品の中でミネラルや食物繊維も豊富でデトックス効果があり、中性脂肪も整える働きがあります。

 

 

緑茶・ほうじ茶

 

緑茶・ほうじ茶に含まれる「ポリフェノール」が抗菌作用・抗酸化作用があるため、臭い対策にも効果的です。

 

ポリフェノールを含む食材は他にも、「春菊・れんこん・ごぼう」などの野菜や「バナナ・いちご・りんご」といった果物があります。

 

 

 

酢に含まれる成分「クエン酸」が臭いの発生を抑制します。

 

クエン酸を摂取すると、体内の乳酸の生成を抑える働きが作用します。

 

人間は疲労すると疲労物質である乳酸と言うものが体内に溜まります。

 

また、汗腺に酸素が不足し皮膚の抹消循環が悪化しても乳酸は沢山出てきます。

 

この乳酸がアンモニアと結びついて汗と一緒に体外に出てくることでアンモニアが汗のニオイの原因となり臭くなってしまう訳です。

 

お酢をつかった料理を食べることで、クエン酸を摂取する事になり、そのクエン酸を乳酸がアンモニアと結びつかなくなり、尿や汗の臭いを弱める効果につながります。

 

 

果物と野菜を多く摂取する

 

フルーツには、体臭の原因となる成分の分解を助けたり、成分の排出を促す効果があります。

 

また、フルーツには体臭を強くさせる成分が少なく、フルーツの中には抗菌消臭成分を含んだものも。更には、体臭に関するの悩み一つ、加齢臭への対策にも効果的だったりします。

 

1つ前に説明した、クエン酸や抗酸化作用のあるポリフェノールが果物には多く含まれています。

 

また、果物や緑黄色野菜はアルカリ性食品にも該当します。

 

果物や野菜のうちどれをとってみても、その中には臭いだけではなく、体にも良い効能をもたらす成分が含まれています。

 

つまり、体に良い成分が豊富な、食材の王様が「果物と野菜」です。

 

動物性タンパク質やお肉を食べるときには、必ず野菜や果物を多めに食べるようにしましょう。

 

そうすれば、果物や野菜が肉などのタンパク質の消化を助けて胃腸の負担も軽くしてくれます。

 

 

食事を変えて体質改善すれば体臭が消える

 

臭い対策に良い食材の知識が入ったら、次は食生活を改善しましょう。

 

また、臭い対策を考えた食生活に改善していけば、自然と健康的な体を作る体質改善にもつながります。

 

以下のことに注意して、体質改善を目指しましょう。

 

 

ジャンクフードは抑える

  • コーラ、サイダーなどの糖分が入った炭酸ジュースを控える
  • 果物と野菜(特に緑黄色野菜)の摂取量を倍に増やす
  • メインのおかずを肉から魚に変える
  • 食事の欧米化を避けて和食に心がける

 

ポイント

すそわきがはわきが体質の人しか発症しませんが、体臭は誰にでもあるものです。体質改善は体臭対策にも効果があります。

 

 

食の欧米化と体臭

 

昨今の日本人が患っている症状のほとんどは食事から来ていることが多いです。

 

例えば薄毛、わきが、すそわきが、はだあれ、肥満、これらは、戦前ではほとんど無かった症状です。

 

ですが、今はその戦前から数十年経っています。

 

すそわきがという症状を遺伝として受け継いでしまって、その症状に悩んでいる・・・・

 

それを今言いだした所で、今現在悩んでいる方にはなんの説得力もないでしょう。

 

そんな時には、このすそわきがにも効果的なワキガのクリームを紹介します。

 

 

いくつかありますが、有名なのはこのノアンデというリキッドです

 

 

 

ワキガの臭いの原因をちゃんとクリアしています。

 

 

 

 

 

ノアンデを日常生活で使用した時と使用してない時でのニオイセンサーの数値比較がこちら

 

 

さらに、ノアンデをスポーツ時に使用した使用してない時でのニオイセンサーの数値比較がこちら

 

 

 

 

 

 

いろいろ説明して、すそわきがへの対処はもう、ご理解頂けたと思います。

 

この説明は、根本への改善をそのままにして、対処療法としてのすそわきがクリームだけを紹介しても、ずーっと使い続けなければならなくなる事は、本意ではないためにあえて食生活のことをお伝えいたしました。

 

 

 

人によっては考え方はいろいろだと思います。

 

まず食生活を変えることから始めよう。

 

とりあえず、即効性はあるからクリームを使いながら食生活を変えていこう。

 

どちらも、決定権をもっているのは貴女です。

 

 

 

ただ、悩んでいてそれが生活や仕事、恋愛、異性との接し方を急いでなんとかしたいのであればノアンデクリームを先に使うというのでもいいと思います。